大西洋の美術作品の研究をしてる時にカラコンに目覚めた!

ヨーロッパの南西に位置するイベリア半島、そしてラテンアメリカの間に広がる
大西洋の美術品を研究している人は、海外では多いですが日本では少ない傾向があります。
日本から遠く離れているからという理由もありますし、日本にはあまり馴染みがない文化だからです。
しかし大西洋には今もなお残存している美術作品が多く、その芸術性は高く評価されています。
イベリア半島に住んでいたといわれている先住民の面影はすでにないため、謎が多く残されています。
そこで研究をしている人は、ヨーロッパやアメリカはもちろん、アジアやアフリカ出身の人がいます。
彼らは出身が違うものの、研究対象が同じですから、強い絆で結ばれており、
女性研究者の間では安全なカラコンなどファッションが話題になることも少なくありません。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です