腎不全治療前の腎臓と、治療後の腎臓のホルマリン。

美しい芸術は時にグロテクスな様相をしていることがあります。
グロテスクとは直視に値しないものであるに関わらず、
人を魅了してやまないものでもあります。
その心理として違反をあえて犯す快感があるのだと思います。
本来は、忌む、忌避すべきものを安全な形であれば見たいと欲しているのです。
そしてグロテクスと感じるものは、往々にして私たちの体に関することが多いです。
例えば、腎不全治療前の腎臓と、治療後の腎臓のホルマリンを見たことがあるのですが、
日常的に見慣れていないとなんとも不安になるような気持ちに襲われました。
私たちは無意識的に体を神聖化しているのかもしれません。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です